交通事故の被害者になってしまったら(事故現場での対応)

交通事故の被害者になった場合は、突然のことで気が動転してしがちですが、被害者でも最低限、行うべきことやポイント・注意点などを紹介します。

詳細はコチラ

交通事故の被害者になってしまったら(事故後の対応)

交通事故に遭ってしまったら、まずは病院を受診しましょう。その後の、症状固定、後遺障害等級認定請求から示談交渉までの流れを解説していきます。

詳細はコチラ

損害賠償請求を弁護士に相談するメリット

保険会社からの提示額が妥当か分らない、適切な賠償金額を獲得したいという方は、交通事故を専門とする弁護士に相談することで有益な結果が期待できます。

詳細はコチラ

交通事故被害者救済ネット – はじめに

Pocket

交通事故被害者救済ネット -  はじめに

現代社会にとって、自動車は欠かせない存在であると言っても過言ではありません。

しかし、自動車は便利で有用な交通・輸送手段である反面、その他の交通手段と比べても一番事故率、事故数が多いのも事実です。

そのため、交通事故は、誰しも好むと好まざるとにかかわらず加害者になることもあれば、被害者になる可能性もあります。

交通事故に遭わないのであればそれに越したことはないのですが、事故やトラブルは突然やって来ます。事故に遭った後で慌てないためにも、事前に事故の初動対応に関する知識を押さえておきましょう。


また、一口に交通事故と言っても、その事案によって色々な見解の対立があります。そのため損害賠償を含めた最終的な事案の解決には、様々な専門的な知識や経験に基づいたノウハウが必要になります。


これらの知識を欠いたまま加害者や保険会社と交渉を進めていくと、相手方の理不尽を受け入れたり、泣き寝入りをするはめになり、予想外の大損をすることがあります。


万が一、交通事故の被害者になってしまった場合でも、スムーズに解決するためには、法律のプロである弁護士に相談することが大事です。

交通事故の損害賠償に関して、一応の解決をした後でも被害者には、色々な問題が残ります。そのため、被害者や、その遺族の方のための支援制度を、国や団体、民間団体が設けています。

『交通事故被害者ネット』では、交通事故に遭い被害者になった際の対処法や、最低限知っておきたい交通事故の基礎知識などを紹介しています。


交通事故トラブルを弁護士に依頼する際の注意点

一口に交通事故トラブルといっても、その内容は様々です。

弁護士に依頼した方が良いケースもあれば、依頼するとかえって費用がかさみ、費用倒れになる恐れのあるケースもあります。


■弁護士に依頼するのを避けた方がいいケース

被害者であっても、過失割合が 相手と同程度の場合は、弁護士費用の方が高くつくため、費用倒れになることがあります。


■弁護士に依頼した方がいいケース

過失割合が10:0など自分側に過失が全くない場合、もしくは、過失割合が8:2などの有利な状況で、後遺障害等級が高い場合に、弁護士に相談することで損害賠償額を正当に受け取ることができます。


また、弁護士費用特約が利用可能な案件であれば、費用倒れになる恐れはないため、弁護士に相談しても依頼者のデメリットになることはありません。


優和綜合法律事務所で交通事故の被害者救済

弁護士に依頼する前に

自分が加害者で過失割合が高い場合、弁護士に相談してもかえって経費がかさみ、保険会社の特約だけではカバーできないなど、弁護士に依頼してもトータルで損になります。

また、被害者であっても、過失割合が相手側と同等程度で不利になる場合は、弁護士費用の方が高くつくことになり、結果的に費用倒れになることもあります。


弁護士に相談するメリットがあるケースとしては、自身が被害者で、過失割合が有利な状況にある場合、もしくは後遺障害等級が高い場合であると言えます。

そのため、弁護士に依頼する前には、そのあたりを十分に検討する必要があります。

よく分からない場合は、相談時に費用面について聞いてみることをおすすめします。

Twitter でフォロー

RSS / FEED

rss  follow us in feedly

SNS

 
   Share on Tumblr

このエントリーをはてなブックマークに追加 Pinterest  
弁護士法人ALG&Associates 交通事故被害者救済プロモーション