事前認定とは

Pocket

事前認定とは

事前認定とは

事前認定とは、加害者側の任意保険会社が、後遺障害等級の認定手続きから、自賠責保険の支払い分もまとめて一括で被害者に支払い(一括払い)手続きをしてもらう方法です。

加害者が加入する任意保険会社は、後遺障害を認定する機関である、後遺障害診断書や画像などの資料を公法人である「損害保険料率算出機構」・「自賠責損害調査事務所」に対して書類を提出し、等級認定を依頼します。

後遺障害の等級が決まると任意保険会社は賠償額の提示し、その後示談が成立すると賠償金が支払われることになります(被害者請求の場合、示談前に賠償金を受け取ることが可能)。


事前認定のメリット

事前認定は、任意保険会社が全て行うため、被害者は自ら書類や資料を揃える必要がありません。


事前認定のデメリット

任意保険会社が適正な認定がされるようにアドバイスしたり、書類・資料の不足を指摘してくれることはほとんどありません。そのため、被害者にとって適正な等級が認定されないこともあります。

また、加害者側に全てを任せるということに抵抗を覚える方も決して少なくはありません。

優和綜合法律事務所で交通事故の被害者救済

弁護士に依頼する前に

自分が加害者で過失割合が高い場合、弁護士に相談してもかえって経費がかさみ、保険会社の特約だけではカバーできないなど、弁護士に依頼してもトータルで損になります。

また、被害者であっても、過失割合が相手側と同等程度で不利になる場合は、弁護士費用の方が高くつくことになり、結果的に費用倒れになることもあります。


弁護士に相談するメリットがあるケースとしては、自身が被害者で、過失割合が有利な状況にある場合、もしくは後遺障害等級が高い場合であると言えます。

そのため、弁護士に依頼する前には、そのあたりを十分に検討する必要があります。

よく分からない場合は、相談時に費用面について聞いてみることをおすすめします。

Twitter でフォロー

RSS / FEED

rss  follow us in feedly

SNS

 
   Share on Tumblr

このエントリーをはてなブックマークに追加 Pinterest  
弁護士法人ALG&Associates 交通事故被害者救済プロモーション