交通事故に関する用語集 ま行

Pocket

交通事故に関する用語集 ま行

交通事故に関する用語集 ま行



むち打ち

むち打ちとは、交通事故の衝撃などで首が鞭のようにしなったために起きる症状のことを言います。

正式には頸椎捻挫、外傷性頸部症候群、根症状型などと言いますが、一般的には、むち打ち症、または、むち打ち損傷と呼ばれています。

むち打ちの自覚症状には、首の痛み、頭痛、肩こり、めまい、手の震え、手足のしびれ、腰の痛み、感覚異常、だるさ、倦怠感、吐き気、および集中力の低下、ふらつき感、膀胱障害などの症状があります。



免責証書

免責証書とは、事故の解決内容を記した書類で、示談書の一種です。

契約書である示談書と異なり、免責証書は契約書ではありません。


また、示談書と異なる点は、両当事者ではなく、被害者側のみが署名・捺印をするという点です。

免責証書は、過失割合が100:0の交通事故における示談の際に使用されます。




優和綜合法律事務所で交通事故の被害者救済

弁護士に依頼する前に

自分が加害者で過失割合が高い場合、弁護士に相談してもかえって経費がかさみ、保険会社の特約だけではカバーできないなど、弁護士に依頼してもトータルで損になります。

また、被害者であっても、過失割合が相手側と同等程度で不利になる場合は、弁護士費用の方が高くつくことになり、結果的に費用倒れになることもあります。


弁護士に相談するメリットがあるケースとしては、自身が被害者で、過失割合が有利な状況にある場合、もしくは後遺障害等級が高い場合であると言えます。

そのため、弁護士に依頼する前には、そのあたりを十分に検討する必要があります。

よく分からない場合は、相談時に費用面について聞いてみることをおすすめします。

Twitter でフォロー

RSS / FEED

rss  follow us in feedly

SNS

 
   Share on Tumblr

このエントリーをはてなブックマークに追加 Pinterest  
弁護士法人ALG&Associates 交通事故被害者救済プロモーション