カテゴリー内の投稿 事故発生から解決まで

損害賠償請求を弁護士に相談するメリット

損害賠償請求を弁護士に相談するメリット
損害賠償請求とは 損害賠償請求とは、交通事故などにより他者から損害を与えられた場合に、損害を与えられた被害者が、その損害を金銭的に算定した額を請求することです。 被害者自身が、保険会社や加害者と損害賠償を求めて交渉したり、損害賠償請求訴訟を起こし裁判をする場合は、事実関係の確認、証拠の収集、保険の問題、損害の算定、過失割合など、多くの問題を調査・検討する必要があるため、非常に困難な問題に直面し、多くの労力を費やすことになります。 通常、慰謝料・保険金の示談交渉・損害賠償請求の交渉相手は、相手方の保険会社やその弁護士になります。彼らは、事故処理のプロとして普段から示談交渉に携わっているため、様々な理由をつけて保険金の支払いを拒みます。 そのため、交渉の負 [...]

交通事故の被害者になってしまったら(事故後の対応)

交通事故の被害者になってしまったら(事故後の対応)
交通事故後の流れ 病院で治療 事故後は、必ず病院(整形外科)を受診するようにしましょう。 交通事故直後は、神経が昂っていて痛みを感じないことがあります。 しかし、数日経った後に事故が原因で痛みが生じるということも少なくありません。また、症状が軽い場合でも、少しでも異常を感じたら、必ず早めに病院に行きましょう。 一般的に病院での検査費用などは、受診時に立て替えることになりますが、後に相手の自賠責保険から費用が支払われることになります。費用を立て替えた場合は、必ず領収証を貰い保存しておく必要があります。 病院を受診し、入通院をしていないと加害者側に正当な額の賠償金を請求できなかったり、保険金を受け取ることが出来ない場合があります。 つまり、どんな [...]

交通事故の被害者になってしまったら(事故現場での対応)

交通事故の被害者になってしまったら(事故現場での対応)
交通事故の被害者になってしまったら(事故現場での対応) 1.負傷者の安全確保 交通事故の被害者になった場合でも、自分の方が軽度の負傷で、加害者の方が大きな負傷をしているというケースもあります。 そのため、被害者であっても現場に負傷者がいる場合は、負傷者を安全な路肩、歩道などへ移動させ応急措置、救護活動、救急車の手配などを行う必要があります。 2.現場の危険防止措置 後続車による二次被害を防ぐために、発炎筒、停止表示機、ハザードランプなどで事故が起きてきることを知らせ、注意を促しましょう。 なお、警察が来るまでは事故車を動かさない方が良いケースもあるため、事故状況によってケースバイケースで対応する必要があります。 3.警察へ連絡 警察への連絡 [...]
優和綜合法律事務所で交通事故の被害者救済

弁護士に依頼する前に

自分が加害者で過失割合が高い場合、弁護士に相談してもかえって経費がかさみ、保険会社の特約だけではカバーできないなど、弁護士に依頼してもトータルで損になります。

また、被害者であっても、過失割合が相手側と同等程度で不利になる場合は、弁護士費用の方が高くつくことになり、結果的に費用倒れになることもあります。


弁護士に相談するメリットがあるケースとしては、自身が被害者で、過失割合が有利な状況にある場合、もしくは後遺障害等級が高い場合であると言えます。

そのため、弁護士に依頼する前には、そのあたりを十分に検討する必要があります。

よく分からない場合は、相談時に費用面について聞いてみることをおすすめします。

Twitter でフォロー

RSS / FEED

rss  follow us in feedly

SNS

 
   Share on Tumblr

このエントリーをはてなブックマークに追加 Pinterest  
弁護士法人ALG&Associates 交通事故被害者救済プロモーション