カテゴリー内の投稿 交通事故の加害者

交通事故加害者に課せられる責任

交通事故加害者に課せられる責任
交通事故の加害者に課せられる責任は、以下の3つです。 刑事上の責任(懲役、禁固、罰金) 民事上の責任(損害賠償) 行政上の責任(免許の取消、停止) 刑事上の責任 交通事故の加害者が負う責任として、世間一般にイメージされることが多いのが刑事責任です。 刑事責任は、刑罰を科するための要件の一つで、法律を犯したものに対して、国家および地方自治体により懲役刑や禁固刑、罰金刑などに処されます。 交通事故に関する犯罪には、自動車運転過失致死傷罪(人身事故をおこした場合)、危険運転致死傷罪(自動車運転過失致死傷罪のなかでも極めて悪質な場合)、道路交通法違反(信号無視、スピード違反、無免許運転、ひき逃げなどの違反をした場合)が挙げられます。ま [...]
優和綜合法律事務所で交通事故の被害者救済

弁護士に依頼する前に

自分が加害者で過失割合が高い場合、弁護士に相談してもかえって経費がかさみ、保険会社の特約だけではカバーできないなど、弁護士に依頼してもトータルで損になります。

また、被害者であっても、過失割合が相手側と同等程度で不利になる場合は、弁護士費用の方が高くつくことになり、結果的に費用倒れになることもあります。


弁護士に相談するメリットがあるケースとしては、自身が被害者で、過失割合が有利な状況にある場合、もしくは後遺障害等級が高い場合であると言えます。

そのため、弁護士に依頼する前には、そのあたりを十分に検討する必要があります。

よく分からない場合は、相談時に費用面について聞いてみることをおすすめします。

Twitter でフォロー

RSS / FEED

rss  follow us in feedly

SNS

 
   Share on Tumblr

このエントリーをはてなブックマークに追加 Pinterest  
弁護士法人ALG&Associates 交通事故被害者救済プロモーション